着物の豆知識


着物のお手入れ

■絹織物の、適切な保存の仕方

1.雨の日の外出から帰った後は、乾いた布で湿りをとり、風通しを良くして乾かし、異常かなければ空気の乾燥した日に、収納しましょう。

 

2.絹製品は、湿気をキライます。桐のタンスや防湿性の高い衣裳箱が最適です。

 紙の箱は、持ち帰り用や移動用にのみ使いましょう。紙箱での保管は湿気を吸収し、中の着物に影響を及ぼすので注意が必要です。

 一枚ずつ、たとう紙か糊分のない白い木綿布で包んで保存しましょう。

 

3.アイロンがけは絹適温(l20℃位)の目盛りで、必ずあて布を用いましょう。

 

4.金銀糸や金銀箔加工をした着物のの保管方法

 金銀糸・金銀箔加工の箇所に薄紙、または糊気のないさらしの生地をあてて保管してください。

 硫黄分を含んだもの(輪ゴム、ウール製品など)に直接触れると金銀糸・金銀箔が変色する恐れがあります。

 

5.防虫剤を使う場合は2種以上を混用しない。液化してシミの原因となります。

 また、金・銀加工のあるものに使用すると変色する恐れがあります。乾燥剤も忘れず入れましょう。

 

6.年に1~2回は虫干しをしましよう。梅雨時はさけて10~11月頃の晴天続きの日中に、風通しがよく、陽の当らない所に着物を1枚ずつ裏返して掛けます。

 

 

■シミ・汚れの知識 

1.シミ・汚れは長時間そのままにしておくと空気中の酸素により、化学変化をおこし、酸化して非常に取れにくいシミになります。

 シミ・汚れがついた時は、すぐに処理をすればほとんどの汚れを落とすことができます。

 きものを着用した後は、シミや汚れがついていないか必ず点検をして、着用後のお手入れをしてから、タンスにしまうように心掛けましょう。  

 

2.シミ・汚れがついてしまったら  

  もしもジュースやコーヒーなどのシミ・汚れがついてしまった場合、ティッシュペーパーか乾いた布で軽く汚れを吸取ります。

 この時、絶対こすらないようにします。

 絹は摩擦に弱く生地を傷めることになります。スレを生じると直らなくなるので注意が必要です。

 後は呉服店や専門店に相談、シミ落しのプロに任せましょう。 

 

3.シミ落しを頼むとき 

 どの場所か・何のシミか・いつ付いたかをはっきりと伝えるようにします。

 そのまま放っておくと、化学変化をおこし直らなくなります。できるだけ早く相談するようにしましょう。  

 

 

☆ポイント

 着物にはシルク保護のテフロン(R)加工や、袋帯にはメモリヤンコートなどを施しておくと、お手入れがとても楽になります。

 汚れを見つけたら、できるだけ早めにご相談ください。

 

詳しくはお問い合わせください。

 

ごあいさつ
ごあいさつ
今利屋の歴史
今利屋の歴史
振袖
振袖
商品紹介
商品紹介
フォトギャラリー
フォトギャラリー
着物の豆知識
着物の豆知識
店舗案内
店舗案内

有限会社 今利屋呉服店

〒503-2424 岐阜県揖斐郡池田町池野474-5

TEL 0585-45-2583

平日 AM9:00~PM6:30 土日祝日 AM9:30~PM6:30

定休日:毎週水曜日・第一火曜日